責め手デビュー?

昨晩(18日)のことです。
3年前お仕事関係で初めてお会いしたM紳士とやっとプライベートでお食事に行きました。巷の噂で、その方はSM好きだということを聞いておりましたので、(私が会ってはいけない人だなあ・・・まあ、人生で絶対会わない人だから大丈夫か)と思っておりました。
 ところが人生とは不思議なもので、、、3年前に全く違う立場でありながら、そんな話をする機会が訪れたのです。昨日聞いたら、私を初めて見たときに履いていたスキニーパンツから感じる筋肉質な脚が気になってたとのこと・・・。今思えば、真っ先に私に話しかけてきましたよね(笑)
 そういうわけで、すぐに名刺を電話番号を渡され、プライベートで連絡を取れるようになりました。とてもお忙しい方なので、その後も結局年に一回の仕事でお会いできる程度です。私との距離感がとても近いので、周りの人たちは男女の、そういう関係(一回抱かれた)と感じていたことだと思います(笑)
 しかし、私はいわゆるMなので、お互いに需要がありません(笑)紳士は私に「君、Sはできないの?」と初対面で聞いてきました。当時はとても真面目に、凝り固まった考えでSMをしていたため、「Sというのは持って生まれた素質なんです。そんな簡単にSができます、というのはそのような方々に失礼です。私にはできません。」とはっきりお断りいたしました。
 
それから二年が経ち、私はSMにどんどん溺れて、新しいことも覚え、たくさんの人に出会い話し、当時より広い心でSMを楽しめるようになりました。

 昨日は食事だけのはずが、「責めも楽しいですよねえ」と言ったら、少しだけホテルへ行こうと仰いまして、楽しそうだからちょっとやってみようかなあと、行ってみたわけです。
 私はセックスが嫌いだからと何回もはっきり申し上げてましたので、もちろん嫌なことはせず(紳士はあの状況でそんなこと言える立場でもないですし)私が受け手でされて嬉しいことと、紳士がされたいことをしてきました。

 一番の思い出は「金玉蹴り」ですね(笑)
https://twitter.com/maimai_petitt/status/1240288920111181826?s=20 Twitterのタイムラインにあげました(笑)楽しかったです♪

オナニーも見てあげたり、乳首ひねったり、恥ずかしい格好で窓辺に座らせてみたり・・・
羞恥系がお好みだそうで(笑)

私がいつも受ける責めの半分くらいでしたつもりでしたが、「もっとやさしくしてください...」とのことでした。加減が難しいですね。

結果、紳士は大変満足されていました。こんなにやられたのは私が初めてだと。私も楽しかったですし、それでお相手が喜んでくれるのはまた楽しくなりますね。

新しい素質?が目覚めた気がします(笑)
でも、根っこは受けなんです。だから、私が加虐してるのを受けて満足そうにしてるのを見たら、

(なんであんたが被虐して楽しんでるのよ!それは私が受けたいのよ!うらやましい、憎たらしい!)

という変なスイッチが入りまして、イライラと言いますか、そんな複雑な気持ちにもなりました。

一晩あけて来たラインには、「また機会がありましたらお願いします」とのメッセージが。
そうですね、たまには遊びましょうね(笑)

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

mokapechism

もかぺっちと言います。M女と名乗る自信がありませんので、Mよりの変態だと思っています。SMをはじめ、たくさんのフェチ持ちです。
SM/DID/拘束/監禁/緊縛/自縛・セルフボンデージ/野外羞恥/呼吸制御/猿轡/スカーフ/サテン/ビニール袋/革/手錠/鎖/南京錠/ヒトイヌ/マミー/

フェチ撮影モデルも興味があります。
自分の秘めた妄想やプレイ日記を書いていきたいです。
よろしくお願いします。
twitter:https://twitter.com/maimai_petitt

カテゴリー